スキーバス転落事故と経営管理体制

先般のスキーバス転落事故で一番問題だと思えるのは、運転手に大型バスの運転経験がなかったということです。
今までに大型バスの運転経験はなかったと同僚に漏らしていたようですし、前の会社で受けたバス運転手としての適性検査結果も最低のランクであったという報道がなされています。

このような現象は、スキーバス業界だけに限った話ではないと言えるでしょう。
例えば、レストランのレジでお金を支払おうとしていたら、従業員がレジ操作の仕方が判らずに困っているというような場面に出くわすことがあります。

このような時に、その従業員を責める気にはなりませんが、会社側がちゃんと従業員に教育をしておけよと言いたくなるものです。

また、金融機関の窓口で相談をする場面で、この部門に左遷されてきて面白くないという風体の中高年男性に逆切れされた場合など、会社側がちゃんと人事管理をしておけよと言いたくなるものです。

日帰りスキーに関するご質問を解決いたします。

ですから、スキーバス転落事故の問題は、会社の経営管理上の問題であると考えられるわけです。

特別な4meeeを自分らしく選ぶなら此方のサイトがオススメです。

また、経営管理上の問題と言えば、事故当初に広報担当と思われる人物が「運転手は運転経験豊富な人物で、周りからも信頼されていた人です」などと発言をしていたことも、大問題であると言えます。

すなわち、事実を確認もせずに適当にうまい事を言って誤魔化すという態度は、危機管理上の鉄則に反すると言えます。



このように、耳ざわりのよい言葉を弄してビジネスを展開するという態度には辟易とするものです。